トップ > クラシック楽曲分析 > この講座での表記とか
この講座での表記とか
表記について
コードの表記について説明します。以下の図のように、コードを書くことにします。
やる気のない図で申し訳ないのですが、実際の譜面の書き込みもやる気ない感じなので期待しないでください。(iPadで書き込みしてるので上手くかけないのです。・・・という言い訳)。まぁ、それはともかく、コードを右側の青い字で書いたように書きますよ、ということです。これはジャズの人たちがよく使う記法です。
その他
あと、実際のクラシックの譜面は、難解なコードも出てきますが、あくまで自分なりの解釈なので、皆さんの思うコードとは違ってくるかもしれません。それに、一番ありえるのは臨時記号や調号を見落とすミスです。。。もし、明らかなミスを発見したら、知らせてくれるとちょっとうれしいかもしれません。まぁただの自己満足です。分析なんてそんなもんですよね。自分でなんとなく納得いって、自分の曲に役立てられればそれでいいと思います。