トップ > クラシック楽曲分析 > Etude Op.25-1 まとめ
Etude Op.25-1 まとめ
ドミナント7thコードの解決のアプローチ
保持音の部分や、劇的なコード進行の部分はちょっと真似できないと思ったのですが、ドミナントコードの転回系でのアプローチの仕方等は参考にできると思います。まず、C7sus4→C7という流れです。
midi
C7sus4自体は、ファの音が入っていますので、機能的にはサブドミナントです。ですので、C7の直前に置くことでFへの解決を助けているのですね。
そして、解決先のコードの半音下の音をベースにする場合です。
midi
C7の解決先であるFの音の半音下の音はミですから、ミをベースにしてC7を弾いて、ベースの動きを滑らかにしているのですね。そして、解決先のコードの全音上の場合もありました。
midi
コチラもFの全音上の音であるソの音をベースにしてC7を弾いています。まぁ簡単にいうと、ドミナント7thコードは転回させて使うと次に繋がりやすいんですね。とくに、第一転回系で弾くと、完全4度上への進行がよりスムーズになるみたいです。