トップ > クラシック楽曲分析 > Etude Op.25-2 Part.2
Etude Op.25-2 Part.2
前回の続きです。この曲の冒頭部分と同じパターンが繰り返されています。二段目の三小節目は、前のページでも説明した先取りのパターンですね。
一段目の1小節目はC7(♭9)です。レ♭の音がテンションになりますね。そして、ちょっと変化してくる部分が二段目の二小節目です。E♭7/G→A♭の部分ですが、こちらも半音下からのアプローチでベース音を滑らかにする手法を使っています。
この一小節目は、もしかしたらB♭m7/D♭かもしれません。そして、二小節目で、前にもでてきたコードを先取りする手法が使われています。