トップ > クラシック楽曲分析 > Etude Op.25-2 Part 4
Etude Op.25-2 Part 4
あとは、一緒です。半音下からのアプローチ、Gdim、先取りの手法は今までに出てきたものです。
という感じで終わります。なんというか、劇的な部分は中間部の一瞬だけで、他は同じ部分の繰り返しが多いですよね。繰り返しが多いと、譜読みも楽ですし、負担が少なくていいですよね(笑)ただその分、得られるものは少なくなりますけど。次のページで、ちょっと応用してみたいと思います。