トップ > クラシック楽曲分析 > Etude Op.25-3 Part 3
Etude Op.25-3 Part 3
さて、key Bmajorに転調しました。一段目の二小節目のBsus4→B6なんていうのは、比較的弱い進行ですが、ずっとB6で弾いているのではなく変化をつけている部分です。そして三小節目のC#7からは、Part 1などにも出てきたドッペルドミナントですが、ここでは、自分の調(key B)のII7から始めていますので、結局戻ってくるのはBです。そして、二段目の一小節目の二拍目は、トゥーファイブに無理やりして一時的な転調をしています。三小節目からもそうですね。
そして、またよく分からないエリアに突入するのですが、一つ言えるのは三段目からのkey Fへの転調を見据えているということです。一段目は主にベースの音がド#の音、二段目はCの音になっていて、ド♯→ド→ファという非常に大きな流れが見えてきます。そして、二段目の最後でC7を持ってきてドッカーンと、冒頭の調であるkey Fに転調しています。なんというか、この辺は素人じゃ手に負えないというか、ショパンの才能を見せ付けられるような部分ですよね。