トップ > コードの弾きかた > よく目にするピアノ伴奏法、だけど・・・
よく目にするピアノ伴奏法、だけど・・・
単調なオクターブのガチャガチャは控えめに
よく、ピアノの演奏で左手はオクターブのトレモロで、一見ノリが良くてカッコよさそうな伴奏を聴きませんか?(トレモロとは、ある音とある音の間をひたすら行ったり来たりする奏法のこと)。
midi
最初の二小節はまぁいいのですが、三小節目はコードが破綻しています。なぜならコードの3rdが弾かれていません。ネットに落ちているピアノ曲の譜面などでは、こういった奏法が目立ちますし、コードが付けられないことがあります。もちろん意図的に3rdを抜かないというのも考えられますが、ちょっと納得の行かない部分です。じゃ、次の 楽譜だったらどうでしょう。上の改善版です。
midi
今度は3rdは全てのコードに入っています。響きがちょっと濃厚になったのは感じていただけますでしょうか。しかし、GM7の直前のDのコードは、直前にAm7があるのですから「Am7→D7→GM7」とトゥーファイブにするのが自然ではないでしょうか(トゥーファイブはこちらで復習)。ですので、3rdが入ったのはいいのですが、
D7にするための7thの音がまだ足りません
左手のオクターブのトレモロ奏法は、ノリが簡単に作れていいのですが"左手はrootしか弾いていない"ため、コードの機能を満足させるには(残りの3rdと7thを弾くには)、
右手をかなり頑張る必要があります
。ですので、初心者の方ほどこういった奏法は難しいと思います。それに、オクターブばっかりの ピアノ伴奏はすごく単調ですよね。
それを改善するべく、この講座では「伴奏法辞典」という、大それた名前のページを用意していますので、是非ご活用ください。
パワーコードも注意
パワーコードとは次に示すように、rootと5thのみの和音のことです。
midi
上の楽譜の例は極端すぎるのですが、これもよく見られます。左手ではrootと5thしか弾いていないため、
右手で3rdと7thを意識的に弾いてやる必要
があるのですが、上の例では弾けていません。重厚感があってずっしりする感じで確かに便利なのですが、ちょっとしつこい気もするし、筆者はあんまり好きではありません。もし使用する場合には、右手の弾き方には注意が必要です。