トップ > コードの弾きかた > この講座での表記
この講座での表記
数字はrootからの度数
この講座では、コードのピアノでの弾き方を紹介するときに実際の音符でお見せしますが、そのときの表記についてちょっと触れたいと思います。全部の調でコードの弾き方一覧みたいなものを作れば、皆さんも応用しやすいのかもしれないのですが、ちょっと労力的に無理かもしれないのでとりあえずはkey Cのみでの表記となります。その代わり、
全ての音符にrootからの度数
を付しておきます。例えば下の図のようにです。
上はG7のコードの弾き方の例ですが、音符の横の数字は、コードのルート(=ソ)からの度数を表しています。G7というコードの構成音がわからない方はこちらで復習してください。
でも、実際のピアノ曲ではG7ばっかりじゃないと思います。上の例は、5thがメロディーに来ていますよね。そして、C7というコードで5thがメロディーであったら(ソの音がメロディーだったら)次のように頭の中で応用します。要は、上の図を真似てコードを積み重ねてみればいいのです。
こうすれば、たちまちC7で、メロディーが(一番上に来る音が)ソ(5th)の時の弾き方が導けます。つまり、rootからの相対幅が分かれば、他のコードでも、その幅を利用すれば同じように弾けるのです。
ピアノ伴奏法について
ピアノの 伴奏法でも同じです。コードの(大抵はCなんとかのコード)ルートからみた音程を書いておきます。
短三度か長三度か紛らわしいときは、それぞれm3,M3と表記します。七度も一緒で、ドミナント7thコードで「7」とだけ表記されてたら、コードの構成音中の短7度を指します。まぁコードの雰囲気で分かっていただけると思いますが。。。