トップ > コードの弾きかた > 超基本的な弾き方(必須)- 1
超基本的な弾き方(必須)- 1
左手でroot+7thは黄金ピアノ奏法
さて,実際のピアノコードの弾き方に移りたいと思います。こちらのページでオクターブでズチャズチャするのは、右手で3rdや7thを弾かなければならないから結構慣れがいると説明しました。そこで、ここでは"
左手でrootと7thを弾く奏法
"を是非マスターしてください。左手でrootと7thは弾いていますので、右手で
気にしなければならないのは3rdだけ
なので、非常に楽です。
コードの構成音は分かっているものとしますので(CM7の7thの音って言われて、ちょっと考えてもいいけど、ちゃんと答えられるレベル。正解はシです)こちらでコードはよく復習しておいてください。
メジャー7thコード
メジャー7thコード(CM7とか)では、左手でrootと長7度の音を弾き、右手で3rdを弾きます。必要に応じてメロディーも弾きますので、右手で弾く3rdの音は
親指、人差し指、中指
が理想です。3rdがメロディーだったら、指は何でもいいです。CM7なら次のように弾きます。
絵は非常に下手なのですが、頑張ってイメージ図を描いてみました。ピアノでメロディーを弾くときは、上の図でオレンジ色のあたりで弾きます。というか、弾けるはずです。楽譜にすると次の通りです。最初なので全調で描きます。

midi
上の図はクリックすると拡大します。そして、演奏例くらいのテンポで弾けることを目標にして、毎日練習してもいいくらいの、重要な音形です。是非印刷して練習してみてください。ちなみに、下の例のように遊びでメロディー入れてみてもおもしろいですよ。 メロディーを入れるコツは、そのコードの調の音階を無理なく(?)入れることです。

midi
これもクリックすると拡大します。5分でつけたメロディーなので適当なんですけど、こうすることで実際にメロディーを弾きながら、コードをキチっと弾く感覚が身に付くと思います。上の例は意外と難しいですよ。オクターブで小指-小指の移動がありますので・・・長くなったのでマイナーセブンスコードは次で説明します。