トップ > コードの弾きかた > 超基本的な弾き方(必須)- 3
超基本的な弾き方(必須)- 3
マイナー7th(-5)コード(ハーフディミニッシュ)
マイナー7thフラット5thコードは、ちょっと複雑なのです。なんでかというと、5thの音も弾いてやらなければならないからです。感覚的には、こちらで紹介したマイナー7thコードにおいて、ただ5thを付け加えます。
まぁ付け足すだけなので、今回は楽譜作ってません。マイナー7thコードを参考にしてください。
ディミニッシュコード
ディミニッシュコードは特殊です。なぜかというと、7thに当たる七度の音は減七度として弾かれるからです。7度の変わりに
長6度
を弾かなければなりません。そして、今まで見てきた"左でroot + 7th"という弾き方の例外になってしまうのですが、ディミニッシュコードでは"
左でroot + 6th(bb7th)
"を弾くというのが、基本的です。(減7度は短7度をさらに半音下げたもの。なのでダブルフラット7度と書くのが正しいです。でも、簡単のために6thとか書いちゃったりします)。
そして、この弾き方を楽譜にすると下のようになります。今までと違って6度を押さえますので、慣れがいつも以上に必要になってきます。できるだけダブルフラット等は避けた記譜をしました。ですので、 ピアノの理論的に正しくない表記はお許しください。

midi
補足ですが、dimコードの弾き方では他にもよく見る音形がありまして、それは下のように弾くものです。こっちの方がよりクラシックのピアノ曲でよく見かけます。
要するに、こちらで説明した右手と左手で違う音を弾く、っていう考え方を使うとある程度自由に構成音は交換できます。つまり、右手で3rdを弾くかわりに、左手で3rdを弾いて、右手で7thを弾いて・・・とか自由に交換しても構いません。以上は基本形ですが、他の弾き方についてはこの後説明します。