トップ > コードの弾きかた > メロディーにあわせた右手の弾きかた - 2
メロディーにあわせた右手の弾きかた - 2
マイナー7thコード
前回に引き続きマイナー7thコードです。表記その他については、メジャー7thコードのものと一緒です。例としてCm7を挙げています。
クリックすると拡大します
注意点としては、♭が三つ付いている調だということです。そして、使えるテンションは、こちらでも取り扱いましたが9thと11thが中心になってきます。自分の弾きたい曲に合わせて移調する方法はこちらを参考にしてください。
ドミナント7thコード
さて、ドミナント7thコードの弾き方です。使えるテンションの種類が多いため、パターンも膨大です。ここでは一部だけ取り扱います。それと、あくまでピアノ音階上の音がメロディーに来ているときしか考えていないので、その調の音階から外れた音がメロディーに来ている場合を考えたらキリが無いです。ですので、その辺は臨機応変に・・・(こちらで紹介した ピアノコードの弾かなければならない音というのを、参考にすれば大体の場合で弾けるはずです)。
クリックすると拡大します
上の楽譜はC7のものです。使い方は今までと一緒です。注意点としてはシに♭が付いていることです。
ドミナント7thコードでは、使えるテンションが多いため、左手をroot + 7thの基本形で弾くと、右手はその分7thの音を弾かなくていいため使えるテンションが増えます。具体的には♭13thが使いやすくなります。下に示す右手が基本形のパターンも是非参考にしてください。
クリックすると拡大します