トップ > ピアノアレンジ講座 > 効果絶大!ボサノバ風アレンジ
効果絶大!ボサノバ風アレンジ
手軽にノリを出す
さて、今回からはボサノバ風のアレンジに挑戦してみたいと思います。どういう風になるかというと、下の楽譜例をご覧ください。
midi
なんかノリノリな感じがしませんか?ちょっとしたコツを覚えるだけで(まぁかなり慣れは必要ですが)ほとんどの曲はこの形でアレンジできます。一見複雑そうな楽譜やリズムですが、左手は
ずっと同じリズム
ですよね?そして左手の動きはかなり少ないです。どんなに動いても、左手の手のひらの中に収まる範囲です。その分右手はちょっと頑張ってやる必要があるのですが、基本形さえ押さえれば大体弾けると思います。
メロディーのフェイク
多分これが一番難しいでしょう。メロディーのフェイクとは、メロディーを揺らしたり、先取りさせてノリの感じを増す方法のことです。上の譜例も、大いにメロディーのフェイクを施しています。例えば、メロディーのフェイクの前後では以下のような違いがあります。
midi
midi
上がフェイクなし、下がフェイクありです。全然印象が違いますよね。メロディーをフェイクする目的は、
シンコペーションをさせる
ことなんです。シンコペーションとは、メロディーを本来の拍より
半拍だけ先取りして弾いて
拍をまたがせる方法
です。
長くなったので続きは次のページにまわします。