トップ > ピアノアレンジ講座 > メロディーフェイクの方法 - 2
メロディーフェイクの方法 - 2
小節線を狙え!
前回までの例では、左手部分に拍をわざと四分音符で表示していました。しかし実際の楽譜には、そんな親切な表示はありません。でも、どんな楽譜にも必ず拍の切れ目を示している箇所があるんです。それはどこかというと、ズバリ
小節線
です。小節線というのは、ご存知小節と小節を区切っている縦線のことです。この線は、小節と小節、つまり4拍子の曲なら
4拍目と1拍目の境界を示しています
。ですので、小節線をまたぐように音符を配置することは、必然的に拍をまたがせることになります(ちゃんと8分音符・休符でずらすこと!!)。
確かに、小節線をまたいでいますね。そして前のページで説明したように、青丸で示した八分休符が入っていて、小節をまたぐ音符は半拍ずれた位置から始まっています。どういう音符が小節線をまたいでいるかというと、本来次の小節の一拍目に来る音です。つまり、次の音を半拍先取りしている形になります(フェイクを加えていないメロディーの楽譜を見て確認してください)。
実際の手順
さて、下に示すきらきら星のメロディーに、小節線をまたがせるシンコペーションを作ってみましょう。
メロディーはご存知ですよね?何だよ童謡かよと思うかもしれませんが、J-POPでも演歌でもアニソンでもやり方は一緒です。
1. 小節線の位置と、直後の音符を確認
小節線をまたがせるわけですから、位置の確認は当たり前ですね。確認といっても、心の準備をする程度ですけど。小節線の直後の音符は、メロディーを先取りして前の小節に食い込ませる必要があるため、印でもつけておくといいでしょう。
全部の小節線をまたがせてもいいのですが、とりあえず緑で丸してある部分を考えてみたいと思います。
2. 先取りする音符を前の小節にコピーしてタイでつなぐ
手順1でマークした音符を、1小節手前の小節の最後にコピーして、先取りさせます。このとき、
コピーは8分音符で行います
。4分音符で先取りしても意味ありません。
上の図は、音符をコピーして、タイでつないだものです。ここで、一つ問題が浮上してきます。それは規定の4拍をオーバーしてしまうことです。例えば1小節目は、四分音符4つとコピーしてきた8分音符ひとつで合計4.5拍になってしまい、あふれてしまいます。
3. 元からあった音符を短く伸ばすようにする
まぁ元からなった音符を、わざわざコピーしてきたのですから、拍があふれるのも当然です。そこで、このあふれを解消すべく、元からあった音符の音価をつめます。具体的には次のようにします。
midi
上の例では元からあった4拍目の音符を、四分音符から8分音符に変更しています。三小節目も一緒です。この変更する箇所は、別に4拍目じゃなくてもいいんです。
midi
上の例は、三拍目と一拍目をそれぞれ8分音符に変更しています。例を聴いていただくと分かると思いますが、ノリの感覚は微妙に違ってくるんですよね。まぁこの辺は好みですし、おもしろい部分でもあります。
以上が基本的なシンコペーションの作り方です。こんなこといちいち解説している本もサイトもなかなか無いんですが(笑)、是非挑戦してみてください。