トップ > ピアノアレンジ講座 > ノリトレその4
ノリトレその4
右手で間の手(あいのて)を入れる
今回は前回のものに改良を加えます。左手と、右手のメロディー部分はそのままにするとして、 ノリを付け加えるとしたらどこでしょうか。おそらく、左手は比較的複雑なリズムですし、暇なのは右手部分だと思います。 ですので、右手で何とかさせましょう。
上図において、赤線を引いてあるところがポイントです。左手が付点のリズムのときに、右手が淡々と間の手を入れることで、いい感じに食い込み、ノリがでています。そして大切なのは、
小指でメロディーを弾く
ということです。右手の親指・人差し指・中指で間の手を入れて、右手の小指(薬指を使うこともある)でメロディーを弾きます。この感覚は大事です。
楽譜ファイル
ピアノ演奏例
結構難しいと思いますが、がんばって苦しんでください。これさえ出来れば、ひとまずの形にはなると思います。