トップ > ピアノアレンジ講座 > ノリトレその6
ノリトレその6
右手でメロディーをフェイクさせる
今回で、一応の一区切りにしたいと思います。きらきら星だと飽きたので、今回で最後です。今回は、右手にさらに改良を加えます。何をするかというとメロディーのフェイクです。メロディーのフェイクの方法を参考に次の感じでフェイクさせます。
4拍目において、次の小節の一拍目のメロディーを先取りしています。以前説明した時は、八分音符での先取りだったと思うのですが今回は16分音符ですよね。でも原理は一緒です。16分音符分だけコピーしてきて・・・っていう流れです。今回のフェイクがすらすら出来るようになれば、右手でノリを自由に操作できると思います。やってみればわかるのですが、
曲って両手で弾く
んですよね。よく、”左手がどうなっているか見たい!”と聞かれるのですが、左手だけ見せても意味ないのです。両手でノリを作っているので、両手を見た方がいいですよ。左手で伴奏、右手でメロディーっていうのが普通だと思いますが、こういう弾き方が出来るとバリエーションが広がってくると思います。頑張ってください。
楽譜ファイル
ピアノ演奏例