トップ > コードの変えかた > コードを変える、弾くの違いとは
コードを変える、弾くの違いとは
コードを変えるとは
このサイトでは主にコード理論を基に、ピアノ曲の和音を変えたり、弾き方を変えたりしてアレンジすることを取り扱います。ピアノアレンジや編曲をやってみよう!と思って理論書を読んでみても、コード進行のことやら、テンションやらごちゃごちゃしていますよね。それで、一冊読んでみて分かったと思いきや、実践になかなか至れないことが多いです(筆者もそうでした)。じゃ、なんでこんなことになるかっていうと、「
コードを変えること
」と、「与えられた
コードを弾くこと
」を両方同時に考えているからじゃないかなと思います。
そもそも、コードを変えるということは紙(楽譜とか)と鉛筆さえあれば出来ることです。(本当に?と思う方は是非このサイトを読んでみてください!)。言ってしまえば
作業
なんです。でも、コードを弾くということは、「弾く」という言葉が入ってるからピアノの鍵盤で確認することが多いです。慣れれば頭で考えられますが・・・なので、両者はほとんど別物で、別々に理解する必要があります。
で、コードを変えることを
リハーモナイズ(リハモ)
といいます。じゃ、リハモって何ぞよ?ってのが下の例です。
演奏例
リハモ前
リハモ後
例えば、リハモ前のもの(上図でbeforeの方)は、一小節目3拍目のG7はこの曲の調に無いコードですが(ダイアトニックコードを参照のこと)全体的に単調であるといえます。そこでリハモを大いに施したのが上図のafterの方の譜例です。これは、聴いていただくとわかりますが、雰囲気ががらっと変わっています。そして、このafterのようなリハモは「コードの変え方」を読んでいただくとわかるようになります。キーワードは、セカンダリードミナント、dimコード、テンションです。
コードを弾くとは
例えば、上図の例だと、なんでGM7のときに左手が「ソレシ」なのか?ということを考えるときには、「コードを弾く」ことを考えます。つまり、コードを変えるという作業は、GM7をG6、Adim・・・にリハモするだけであり、
実際にどう弾くかは考えていません
。左手をソレシと弾くのは「コードを弾く」ことを考える段階で考えます。ですので、上の ピアノ譜例はコードを変える+コードを弾くの二つを合わせたものとなっています。