音の間隔
ピアノコードを理解するのに不可欠
ある音とある音がどれくらい離れているか(音の高さがどれくらい違うか)をあらわすのに
度数
というものをよく使います。これを理解するには、長調の音階を理解した方が早いですのでご存じない方は先にこちらを一読ください。さて、いきなりですが下のピアノの鍵盤の図をご覧ください。
汚い字で申し訳ないんですが、緑および白字で書いてあるのが、左端の鍵盤の「ド」の音からの距離を示す度数です。なんでこうなってるかも説明するのでご安心ください。
まず、音名ですが、ドレミファソラシドという音に対応するのは「CDEFGAB」です。これはコードネームや調を表わすときに使います。感覚と違って、ドの音が「A」から始まるわけではないのにご注意ください。このサイトでは、コードネームとの区別をするために、ある音を指す場合は「ファ」とかってカタカナで書くことにします。ピアノの黒鍵の部分は、ご存知かもしれませんがド♯などと記述します。これはいいですよね。
度数の種類
度数の種類には三種類あります。この種類というのは、「○4度」の○の部分に入る文字のことです。「
完全
」、「
」、「
」の三種類です。
まず一番簡単なのが「
完全
」です。「完全」とつくものは
1度、4度、5度、8度しかありません
。筆者は麻雀の点数を覚えるみたいに(笑)「イチヨンゴッパー」と覚えていますが、慣れれば何てこと無いです。それで、完全のつく度数以外(イチヨンゴッパー以外)は「長」か「短」がつくことになります。
度数の数字部分(音階が弾ければあとは簡単)
さてここが問題です。あるサイトやピアノコードの理論書の説明だと、「半音で数えて4つ上がったものが長3度」とか「ミとファをまたいだ音程なら・・・だ」とかって記述があるんですが、
こんなのやってられっか!
ってことが言いたいです。いちいち音程を考えるのに、半音階がいくつあるかなんて数えてられません。で、どうするかっていうと、皆さんには12の調での音階をマスターしていただくだけで、この度数はあっという間に分かるっていうことを説明します。ですので、音階を覚える苦労だけは我慢してやってください。おそらくこれが近道です。(音階についてはこちら
音階は弾けるようになっている前提で話をすすめると、上の鍵盤の図は
ハ長調の音階に合わせるように描いてあります
。(つまり、ドからの距離を知りたいから、ハ長調ってこと。ミ♭からの距離が知りたければ変ホ長調を基にして考える)。んで、ズバット結論を言うと上記の「イチヨンゴッパー」とかいうのは、この
ハ長調の音階に沿って何番目の音か
ってことです。例えば、ファの音は「ドレミファ」なので4番目です。そして、イチヨンゴッパーのものには「完全」をつけることになっていますので、ドとファの音程は「完全4度」になります。そんで、イチヨンゴッパー以外の白い鍵盤の音(例えばミの音とか)との音階が知りたければ、全部「長」をつけるだけです。なのでドとミの音程は「長3度」になります。(ミの音はドレミ・・・なので三番目)。
短とか減ってなに?
上の説明ではピアノの黒鍵部分の説明はしていません。でも簡単です。例えばドの音とミ♭の音の距離が知りたいとしましょう。そしたら、ドとミの音程は長三度であることが分かっていますので、半音下がった(♭になった)ということを表すために、「
」を使って「短三度」とするだけです。また同様にドとラ♭の音程は、短6度です。
けれども、
「短」としていいものは、元が「長」の音だけです
。例えばドとソ♭の音程は、「短五度」ではありません!!なぜなら、ドからみたソの音は「完全」音程だからです。じゃぁどうするかっていうと、「増」「減」を使います。元の音(今の場合はソ)の音から半音下がったものについては「減」、半音あがったものについては「増」を使います。ですので、今の場合はドとソ♭の音程は「減5度」です。
練習問題
以下の音符の音程を答えてみてください。 (二和音のうち下の音からの音程を答えてください。例えば2.ならファからみたシの音程です。)
1.2.3.4.
解答
1.下の音がドであることから、
ハ長調
の音階を考えます。そして、この音階を心の中で唱えます。「
レミファソラシ
」なので、目的の音は8度になります。イチヨンゴッパーに含まれるものなので、「完全」をつけて「完全8度」です。
2.下の音がファであるので、
ヘ長調
の音階を考えます。そして、心の中で音階を唱えると、「
ファ
ソラ
シ♭
ドレミファ」です。目的の音はシであるので、もっとも近いもの(シと発音するもの)はシ♭です。そしてこれは4番目の音なので、イチヨンゴッパーに含まれ4度になります。しかし、今考えたいのは「シ」の音で、音階に含まれる「シ♭」よりも半音高いです。完全がつく音の半音高いものは「増」なので、「増4度」になります。
3.下の音がミであるので、
ホ長調
の音階を考え、心の中で唱えます。「
ファ#ソ#ラシ
ド#
レ#ミ」となり、最も発音が近いものはド#の音で、6番目の音です。イチヨンゴッパーには含まれないので、「長」がつくことが分かります。しかし、今考えているのは「ド」の音で、さっき唱えた「ド#」よりも半音低いです。なので「短6度」になります。
4.下の音がファ#であるので、嬰ヘ長調の音階を考え、唱えます。「
ファ#
ソ#ラ#シド#
レ#
ミ#ファ」となり、最もレの音と発音が近いのは「レ#」で、これは6番目です。また、イチヨンゴッパーには含まれないので、長がつき、目的の音はこれより半音低いので、「短6度」です。