トップ > コードの変えかた > コードを変える上での大前提
コードを変える上での大前提
意外に見逃しがちだけど・・・
理論書なんかにはサラっと書いてありますが、実は非常に重要な大前提を書きます。ピアノアレンジをする際には是非これらを念頭においてください。なんというか、これらは定義です。こういうもんかと思ってください。
1. 任意のコードの前にコードを入れられる
アレンジするっていうことは、大抵すでにコードがあるか、コードを自分でつけたものがあって、それをいかにリハモするかっていう作業だと思います。(0からコードをつける方法はこちら)。それで、この前提1は
コードをどこにでも書き加えられる
という非常にありがたい前提です。ただし、何を書き加えるかというのは、今後の講座で説明します。が、書き加える中心となるものは、主にセカンダリードミナントや、それに伴うトゥーファイブのコード達、あとは、パッシングディミニッシュ・・・とかです。以下はセカンダリードミナントを追加した例です。詳しくは後ほど説明します。
before
after
FM7の前にC7を入れたことにより、FM7への解決感を出しています。なんでこの位置に入れたかというと、
ちょうど空白だったから
です。まず空白で暇だから何か入れよう→FM7の前だからこれに解決するセカンダリードミナントのC7を入れよう。という思考回路です。もちろん、二小節二拍目のFM7とC/Eの間にコードを入れることも出来ます(自分ならG7/Fを入れる)。ただ覚えておいて欲しいのは、コードを入れすぎると(=詰め込みすぎると)
なんだか慌しい感じ
になるということです。これを
ハーモニックリズムが上がった
とか言います。なので、狙ってする意外はあんまり詰め込み過ぎないようにした方がいいです。一小節に2コードくらいが目安です。
2. すでにあるコードを取り払うことができる
タイトルの通りです。すでにあるコードを取り払うことが出来ます。しかし、後続のコードに影響のない範囲で、という条件がつきます。取り払うとしたら、トゥーファイブの解除をしたり、セカンダリードミナントをわざとはずしてみたり、前項で説明したときに追加したコードを取り払うのが主だと思います。
before
after
いろいろグダグダな例ですいません。演奏不可能っていう突っ込みはなしで・・・beforeは一小節目の2拍目から、key Fのトゥーファイブとしてリハモしてありますけど、これを取っ払ってずらしたものがafterです。・・・がそんなに違いは分かりませんねぇ。なんでかっていうと、beforeのGm7が第一展開形だから、いまいち弱いんでしょうね。もっといい例があったら、差し替えておきます。トゥーファイブについては後に説明します。それと、すでに上の例でもありますが、
コードをずらすことも出来ます
。しかし、ずらしてよいかは耳で聞いて判断することが多いと思います。
3. ある音は、オクターブ上下させても機能は同じ
これは先の話になるのですが、コードの転回型のことです。下の例ではC7というコードに対して、解決先のFのルートに半音下から解決すべく、ミの音をオクターブ下げています。
これもC7/Eとなっていますが、おなじC7のコードです
。詳しくは、こちらで説明しています。ただ、機能は変わらないのですが、聞こえる印象は結構違います。ショパンなどの ピアノのクラシック曲では、結構よくお目にかかる技法です。
before
after
4. 耳で聞いてOKならそれで良し
耳で聞いて、自分の判断で良さそうって思ったら、たとえ理論がおかしくてもそれでいいんです。でも、理論っていうのは、大体の人が心地よく聞こえる指針をまとめたものなので、理論はある程度守った方が安全です。逆に、理論がどんなによくても耳で聞いてダメそうなら、それはやめておいた方がいいです。おかしいって指摘されて「理論があってるからいいんだよ!」って理論に頼りっぱなしなのは、ただの頭でっかちです。やっぱり、「こういうときはこうコードを変えろ!」って言っても、曲との相性がありますから、
最後の頼りになるのは自分の耳、感性
です。一発で上手くいくことなんてそうないです。一見すばらしく完成された曲でも、コードひとつひとつは、あーじゃねこーじゃねという試行錯誤の賜物だったりします。