トップ > コードの変えかた > ダイアトニックコード
ダイアトニックコード
ピアノアレンジの基本へ向けて
音階が弾けるようになると、次に考えるのはそこからコードを導くことです。これから説明するのは、いわば
基本コード達
です。基本というのは、調性に依っているということです。つまり、ドレミファソラシドというkey Cの音階やメロディーを考えるとき、コードもこのドレミファソラシドの中から作れば、
メロディーにいい感じにマッチ
するんじゃないかっていう考え方です。この基本コードのことをダイアトニックコードっていいます。key Eのホ長調であれば、ミファ#ソ#ラシド#レ#ミの音の中からコードを作れば、ホ長調の曲にマッチするんじゃないかっていうことです。
実際のダイアトニックコード
では、どうやってダイアトニックコードを作るのかということを考えます。実はすごく簡単で、ある調の音階(長調or短調 ・・・)をピアノで弾くことを考え、鍵盤を
一個飛ばしで4個押さえるだけ
です。具体的には下の図になります。
まずkey Cについて考えます。このページでも示したように、key C(ハ長調)の音階は「ドレミファソラシド」ですね?なので、この音階について上のピアノの鍵盤図中で考えています。まず水色の1は「ドミソシ」を示しています。確かに鍵盤一個飛ばしです。次に音階の二番目の音であるレの音に着目して、この音から一個飛ばしで4音押さえると「レファラド」になるかと思います。同様に3番の「ミソシレ」、4番の「ファラドミ」・・・となって、最後7音目のシから始まる「シレファラ」で終わります。楽譜にすると以下のようになります。
非常に見にくくて申し訳ありません。上の楽譜は、さっき考えた「ドミソシ」から「シレファラ」までのダイアトニックコードを表しています。まず水色の文字について説明します。「種類」となっている部分です。これは、さっきの1番目、2番目・・・とした1とか2とかっていう番号をただI、II・・・といった具合に書き直したものです。そしてIMなど「M7」の文字がついていますが、これはI番目のダイアトニックコード(つまりドミソシ)が
何のコードであるかの実体
を表すものです。ここで説明したように、ドミソシというものはCM7ですよね?ですので、M7がついているという具合です。何のコードか分からない場合は、ここをみてコードネームの定義に照らし合わせてよーく考えてみてください。
そして、オレンジの文字はそのコードの
機能
を表します。機能なんていうと難しそうですが、要するにコードの役割とか、コードの印象を決定付けるものです。このコードの機能には主に3つあります。それは、
トニック(T)
サブドミナント(SD)
ドミナント(D)
です。これは定義なので、こういうもんかと覚えるしかないです。ダイアトニックコードにおいて、
IM7、IIIm7、VIm7
はトニック、
IIm7、IVM7
はサブドミナント、
V7、VIIm7(-5)
はドミナントです。これは、一見覚えるのは大変そうなんですけど、この度数表記(IIm7とかV7とか)さえ覚えれば、後は
全ての調について言えます
ので、頑張って覚えてください。覚えるというか、そのうち慣れるはずです。
他の調の場合
他の調のダイアトニックコードを考えて見ましょう。すんごく難しくするために、そうですねぇ、key B(ロ長調)を考えてみましょう。でもですね、実は全然難しくないんですよ。
まずロ長調の音階をピアノで弾くことを考えましょう。このページの音階の楽譜をみると(・・・というか覚えていますよね?)「シド#レ#ミファ#ソ#ラ#」ですね。これさえ分かれば、瞬時にダイアトニックコードが出せるんですよ。
先のkey Cの楽譜をみると、Iのコードから順に、種類の部分だけに着目すると「M7,m7,m7,M7・・・」 ってなっていますよね?これを使うとロ長調のダイアトニックコードも瞬時に分かります。それは、ロ長調の音階をアルファベット表記に直して、そして、M7なりを順番につけていけばいいです。つまりロ長調のダイアトニックコードは
BM7、C#m7、D#m7、EM7、F#7、G#m7、A#m7(-5)
です。さっき考えたkey Cのコードの機能を、そのまま音名を表すアルファベットに貼り付けただけです。そして、トニックが
BM7 D#m7 G#m7
、サブドミナントが、
C#m7 EM7
で、ドミナントが
F#7 A#m7(-5)
です。なんでかっていうと、それはkey Cで考えたときの定義に則っているからです。これらを利用して、実際にピアノアレンジをしてみるのは、次の講座にまわします。