トップ > コードの変えかた > ピアノアレンジ練習1
ピアノアレンジ練習1
いよいよお待ちかねの・・・
さて、いよいよ実際にコードのアレンジをする準備が整いました。今回やっていただく方法は、シンプルサブスティチューションというものです。これは、基本的にダイアトニックコードの同じ機能のコード同士を交換するっていうアレンジ方法です。いろんなコードアレンジの中で、そうですねぇ30%位がこの方法です。童謡はもちろん、J-POPとかいろんなところで使われていますので、是非マスターしてください。実際のアレンジ手順は以下の通りです。
0.前講座までの原理を理解する
全ての調のダイアトニックコードや、その機能など、時間がかかってもいいので「そんな話あったなー」程度に思い出せるようにしてください。そして必要に応じて、復習をしてみてください。
1.まず、曲の調を把握する。するとダイアトニックコードが分かる。
曲の調の把握の方法ですが、最初は調号を見て判断してよいと思います。ファに#がついてる曲なら、Key Gとかです。マイナーキーはとりあえず保留です。これは、ピアノの音階を全てマスターしている皆さんなら、わかるはずです。また、調が分かるとダイアトニックコードがわかります。ですので、その調のダイアトニックコードを、アレンジしたい曲の楽譜に書いてしまいましょう。
これは、きらきら星の曲なのですが、ファとドに#がついている調なのでニ長調(Key D)です。詳細は前に説明しましたので省きますが、ダイアトニックコードもそれぞれ書き出すと上の図のようになります。
2.すでに振られているコードをダイアトニックコードの中から探す。
”すでに振られている”というのがポイントです。じゃぁ本当にメロディーだけで、コードが無かったらどうするかっていうと、それはまた別の話しになりますのでこちらをご覧ください。”コードの変え方ですので、アニソンでもなんでもいいので、メロディーと、すでに振られているコードが重要です。
上の楽譜は、まぁこの講座用に自分で書いたのでもちろん全部ダイアトニックコードのなかから見つかるのですが、じゃ無かったらどうするんでしょうね。実はこのあとにずっと続く講座の中心として「ダイアトニックでないコードを使う」ことを考えます。これがアレンジの醍醐味なのですが、とりあえず今の段階では、極力ダイアトニックの中から見つけて、 見つからなかったら放置しておいてください。
3.すでに振られているコードを、同機能のものと交換してみる。
さて、ここからが本格的なピアノアレンジです。自分で見つけたダイアトニックコードには、機能がありましたよね?(TとかSDとかDとか)。これらは、
同じ機能を持つもの同士は交換することが出来ます
。別にできるってだけで、交換しないっていう選択ももちろんあります。
だんだん見づらくなって申し訳ないのですが、茶色の字で書いた部分が実際にアレンジしたコードです。例えば一小節目のDM7のコードは、同じトニックの機能を持つF#m7に置き換えてあります。他にもトニックの機能を持つものはBm7がありますので、これでもいいです。また、二小節目はGM7で、これはサブドミナントです。ですので、同じ機能を持つEm7で置き換えてあります。こんな調子で、コードをアレンジしていきます。 ピアノアレンジ前とアレンジ後のコードの響きの違いを確認するために、以下のように曲にしてみました。
before.mid
after.mid
アレンジ前後を聴き比べて、ちょっとした変化はお分かりいただけますでしょうか?ただ、結構違和感があると思いませんか?とくに、楽譜中に「ヘン」とか「おかしい」って書いた部分って。いや、実はこれには原因がありまして、話をわかりやすくするために、1小節にコードを基本的に一つしかいれてないからです。そして、同じ機能のコードの範囲でしか交換していないからです。え?同じ機能で交換するんじゃないの?と思ったかもしれませんが、確かにそうです。理論的には間違っていません。しかし、耳で聞いて違和感を感じる(感じなかったらまぁそれでいい)ということは、
何か別の方法を模索する必要
があります。
4.あれこれ試行錯誤をする
例えば、このページの基本原理で挙げてありますように「任意の場所にコードを入れられる」ということを用いて、1小節あたりのコード数を二つに増やしたりしてもいいです。また、同機能のコードの交換だけでなく、こちらのページの説明にもあったように、ダイアトニックコードのもつ機能を利用して、新たな機能のコードに置き換えてもいいです。(トニックは何にでも進行、SDはダイアトニックコードに進行、Dはトニックに進行しやすい・・・とか)。
final.mid
今までに出てきた知識を総動員すると、上のようなアレンジになります。さっきまでと違って違和感は取り除かれたはずです。1小節目DM7、二小節目の最初のコードGM7はbeforeのものと同じです。コードは任意の場所に追加してよかったので、二小節目にはF#m7(-5)を入れています。これはトニックの機能を持つダイアトニックコード(IIIm7(-5))です。トニックの次には何のコードが来ても構わないので(耳が許す限り)次のEm7への流れは大丈夫です。そして、次のA7のコードは、前にずらしました。そして、元のA7があった位置(4小節目の一拍目)に、同じドミナントの機能を持つC#m7(-5)を置き換えました。このように、ダイアトニックコードの中では、
結構自由にあれこれできる
んですね。
もちろん、一小節目のDM7をサブドミナントで置き換えても構いません。つまりEm7から初めてもいいんです。なんでかっていうと、基本原理にも説明したように「サブドミナントは、ダイアトニックコードにつながりやすい」ですので、次にGM7(ダイアトニック)が来ているのは問題ないんですね。
5.補足
何度も言ってることだと思うんですが、コードをどう弾くかについては、言及していません。それはこのページを見てください。なので、 ピアノのコードの響きが実際どうなるかというのは、現段階ではそんなに効果的に分からないと思います。しかし、
コードをどう ピアノで弾くかを気にすること無し
に、
紙(=楽譜)と鉛筆さえあれば
、上記の手続きを踏むことでコードのアレンジは可能です。耳に頼る部分もありましたけど、これは、コードのアレンジ後の話です。とりあえずの試作の段階ではコードは机上でアレンジすることができます。
同機能のコードの交換なんて、作業です。ダイアトニックコードの把握さえすれば、あとは、同じ機能のコードをみつけて入れ替える・・・さらには、空いてる箇所にトニックを入れて・・・なんてことは、コンピュータでも自動で出来ることです。今回のダイアトニックコードのアレンジは、まぁちょっとは作業の域を超えている気もしますが、次以降に出てくるセカンダリードミナントなんて、もっと作業です。なんで作業にしたいかというと、コードを ピアノで弾くことに重点を置きたいからです。コードを変えるということに苦労しすぎてしまうと、実際の伴奏とか、リズムのアレンジまで到達できません。ですので、是非作業ということを実感してみてください。