トップ > コードの変えかた > 弾いてはいけない音とは
弾いてはいけない音とは
ピアノのコードアレンジの注意点
さて、前項まででコードのアレンジの簡単な方法については説明したつもりです。コードは意外と自由に変えていいことがお分かりいただけると思います。しかし、このコードもメロディーとの兼ね合いによって、その場所にあっていいのかどうかが決まります。それを判断する方法を説明します。まず、以下の二点に該当するコードは、その場所につけてはいけません。(つけてもいいけど、大衆には受け入れられないような響きがする)。
1.あるコードの構成音が、他に弾いている音と短9度の音程を成す
短9度がわからないかたはこちら。オクターブ(完全8度)を越えていますが、これは実質短二度と一緒です(ある音はオクターブ上下させてもよい)。これは、結構気をつけなければいけません。頻繁に起こりうる現象です。
ok.mid
NG.mid
実際に演奏を聞いてもらえば分かるかと思いますが、NGの方は一小節目でなにやら変な感じがします。まずなんでNGの方にEm7が出ているかというと、これがトニックだからです。同機能のコードは交換できますから、C6(トニック)を置き換えてEm7としたわけです。(C6というのは、Cのコードに6番目の音、つまりラの音を付加したもの。CM7と機能は一緒)。なんで、Em7だとだめかというと、
Em7の5thであるシの音と、メロディーであるドの音が♭9thの音程にあるから
です。つまり、シからみるとドの音は短2度ということになり、これはまずいです。んで、この短9度と聞いて、「あー半音はまずいのか。。。」って思ったら、それは半分間違いです。同じ半音のぶつかりでもM7の音はいいんです。
ただ、「半音のぶつかりはまずい」って覚えておくと、このCM7コードのドとシのぶつかり(?)はまずいといえます。じゃ、上の楽譜の例と何が違うのでしょうか。それはずばり
コードの構成音からみて
メロディーが
短9度
というのが問題です。見る順番が重要です。上のCM7の例では、コードの構成音であるドの音と、メロディーであるシの音は、長7度の関係であるので問題ありません。ただ、もう一つ前の例に示したEm7では、コードの構成音シからみて、メロディーがドであるんで、これらは短9度となりまずいです。まぁCM7とわざわざM7として長7度のシの音を弾けって言うんですから、問題あったら困りますけど・・・ですので、Em7のときにメロディーがドはまずいってことです。これは任意の調のIIIm7コードから見て(今はkey CだからEm7)、その調の1番目の音(ハ長調の1番目の音、つまりド)がまずいってことです。たとえダイアトニックコードでも、ちょっと立ち止まって考える必要があるってことですね。
ただ、短9度がいい場合もあります。それはドミナントコードのテンションとして♭9thを使用している場合ですが、これはこちらで説明します。
2.ドミナント以外で、構成音とメロディーが増4度の音程となっている。
例えばDm7コードのときに、key Cでは、シの音は弾いてはいけません(短く弾くのならOK)。
zouyon.mid
上の例って、そんなに違和感はないですよね?でも、これはまずいんです。何でかって言うと、Dm7の3rdであるファの音と、メロディーのシの音が増4度の音程だからです (ピアノ鍵盤で確認してください)。その次の拍のG7のコードにもファとシの音程が現れています。これを説明するのには、ドミナント7thコードの原理についての理解が必要なので、後に回しますが、要するに「ファとシが増4度で、Dm7とG7の区別が無くなってしまっている」ということです。ファとシの音は、いわば
G7たらしめる音
です。つまり、G7がドミナントであるという機能はこの二音(ファとシ)に集約されてるんです!(つまりG7さんしか、弾いてはいけない音)。一方、Dm7はサブドミナントです。ファとシの音が入ってしまうと、ドミナントになってしまい、Dm7をサブドミナントとして弾いていることになりません。上の例にコードを正しくつけるとしたら、G7/D → G7 →CM7となります。
3.IM7の和音で、その調の第4音が長く使われている
例えばkey Cを考えるとき、CM7と、ハ長調の音階の第4音(つまりファ)はそんなに長く弾いてはいけません。そんなにってのは、どんなにかっていうと、そうですねぇ。2秒以上でしょうか。いや、これは個人的感覚です。例えば、下のかえるの合唱の 楽譜では、ラの音がkey Eの第4音にあたります。(ピアノの鍵盤で確認。何で第4音かがわからなかったら、こちらで音階を復習)。
kaeru.mid
上の例も問題ないかと思います。何でかというと、”そんなに長く”使っていないからです。ただ、下のような場合は問題アリです。
p4th.mid
上の例では、最後の小節に違和感があります。これは、GM7というコードのときに、key Gのスケールの第4音であるドの音が"長く"使われているからです。上のかえるの歌と、よく聞き比べてみてください。よく、このドの音を
アボイドノート
とかいったりします。ドレミファソラシドのハ長調の音階も、実は第4音であるファの音は仲間はずれだったということです。