トップ > コードの変えかた > ピアノでおしゃれな進行 - クリシェ
ピアノでおしゃれな進行 - クリシェ
半音で動かすといいことが・・・
さて,今回はクリシェです.クリシェとは,簡単にいうと”一見同じコードが続いているようだけども,どこかが半音動いていて,滑らかな進行”という感じですかね.まぁとにかく実例をご覧ください.
before.mid
after.mid
いつもながら,無理やりな楽譜で申し訳ないのですが・・・まずbeforeをご覧ください.別にこれが正解というわけじゃないのですが,今は5小節目のGM7に解決したいと考えたとします.その時に,4小節目のAというコードでは(本来はドミナントでA7になるはず)力不足であると感じました.そこで,クリシェを使おうっていうわけです.afterの最初4小説は全部ベースの音がD(つまりレ)になっていますね?これが実はミソです.
afterの最初の4小節は,コードネームが凄く複雑に思えるかもしれませんが,コードネームは実は後付けでここで考えることは「
とにかく5thの音を半音ずつ上げていく
」ってことです.そして,後で落ち着いてからコードネームを振っています.そして,半音ずつ上げていく
目標地点は4小節目のD7
です.先ほどのbeforeと違い,正真正銘のドミナントコードですから,安心して5小節目のGM7に解決することができます.
argコード
ここで新しいコードが出てきました.afterの二小節目のDargです.これはオーギュメントというコードで,おそらくこのクリシェの話でやっと出てくるくらいの,珍しいコードです.構成音は下に示します.
普通のメジャーコードの5thの音を半音あげたものがargコードです.短7度の音を付けくわえてCarg7というのもあります.まぁ,積極的に使いやすい ピアノコードではないのですが,もし出てきてもコードネームが言える程度で構いません.