トップ > コードの変えかた > 独特の躍動感 - ペダルポイント
独特の躍動感 - ペダルポイント
とにかく保持
ペダルポイントっていうのは,ピアノのペダルを踏むという意味ではなく,保持音のことを指します.保持音というのは,ベースやメロディーで,ある一定の時間ずっと成り続ける音のことです.この成り続ける音は,よく調の5度の音(V7から想像できるように,ドミナントがもと)が使われるので,ドミナントペダルって言います.今回は,そのドミナントペダルの話です.
ドミナントペダル
とりあえず,実例を紹介します.
before.mid
after.mid
普通にbeforeの方でも問題はないのですが,ここはあえてドミナントペダルを使用しています.まず,調の確認を行います.ファにシャープが付いていますのでkey G(ト長調)ですね?そして,ドミナントに相当する音は5度の音なのでレです(ソラシド).ご覧の通り,beforeのコード進行を,
何にも考えずに
ドミナントの音でベースを弾くだけです.分数コードがわからない方はこちらをご覧ください.非機能的,機能的の分類もできますでしょうか.分類できなくても,ただレの音をベースに持ってくるだけなんです.
結構簡単なピアノアレンジ手法なのですが,意外と雰囲気ががらっと変わって面白いです.是非試してみてください.