トップ > コードの変えかた > トニックの代理IV#m7(-5)
トニックの代理IV#m7(-5)
意外と知られてないけど効果的!
トニックの代理コードとして、IIIm7,VIm7があるよという話を以前したのですが(詳しくはコチラ)、実はこの2種類だけでなく
"IV#m7(-5)もトニックの代理として使える"
ことを説明したいと思います。
例えば、key C(ハ長調)のときIV#m7(-5)にあたるコードはF#m7(-5)です。一般にm7(-5)はハーフディミニッシュと呼ばれます。一応このコードの構成音を下に示します。しかしコードが分からないという方はコチラで復習をしてください。
上の音符はコードの構成音であって、実際に弾く音の形じゃないことは注意してください。そして(-5)(♭5)は同じ意味です。原理は置いておいて、実際に曲に使ってみたのが次の例です。
before.mid
after.mid
上が通常のコードで演奏したもの、下が今回のIV#m7(-5)です。keyは上で説明したハ長調ではなくてG(ト長調)であることに注意してください。Gの音からみてC#という音は増四度ですね(度数が分からない方はこちら)。この増4度のハーフディミニッシュ(m7(-5))をトニックの代わりに入れてあげただけです。
このコードはなかなか使い道が難しいのですが、実際には二回目のサビでしとか、2回目のAメロを弾きだす時なんかに使うと効果的です。つまり"一回目と変化をつけたい!"ってときに筆者はよく使います。
そして、詳しくは割愛しますが(アレンジTipsかなんかでやりたいですが)このコードはハーフディミニッシュなのでマイナーキーのトゥーファイブに活用することが出来ます。つまり上の例だったら(C#m7(-5)→F#7→Bm7とか)の進行のキッカケとして使うことができます。しかもこのコードはトニックなので、次のコードは何でもいいという利点があります(詳しくはこちらで復習)ですが、半音下がってちょっとした解決感を出すことが多い気がします(例えば上の例だとC#→CM7となっている)。いろいろ奥が深いコードです。