トップ > ポピュラー理論Tips > お手軽に#11thを押さえる
お手軽に#11thを押さえる
左手は基本形、右手は"ある3音"を押さえる
#11thのテンションが使えるコードはメジャー7thコードとドミナント7thコードでしたよね(分からない方はこちらで復習)。この#11thの押さえ方を簡単にご紹介します。それは、左手の小指で弾いている音をまず確認します。そして、右手は
この音の全音上から、全音を3つ押さえます
。分からないと思うので、 ピアノ鍵盤図を下に示します。
左手は、ドミナント7thなら♭シですし、メジャー7thならシの音を抑えるといいでしょう。上の例なら左手の小指はドの音を押さえているので、右手はドの全音上、つまりレの音から全音、全音と、レミファ♯と押さえます。ちゃんと弾かなければならない音である3rdの音などを含んでいますね。
この形は、メロディーが始まる前に使うと効果的です。どういう風に使うかというと、上の形を一回弾いたら、右手中指の♯ファの音だけを半音上げて♯ファ→ソという流れを作ってやるといいです。
midi
ちょっと♭多めで難易度上げています。上はメリーさんのひつじの楽譜ですが、メロディーは2小節目から始まっています。1小節目はA♭M7に解決するトゥーファイブですね。そしてE♭7のところで上記の弾きかたを使っています。左手の小指の音は♭ミですので、左手はファソラと押さえているだけです。そして右手で弾いたラの音を、半音上げてラ→♭シという流れを作って、メロディーにスムーズに入っていますね。
コツとしては、主のメロディーがコードの3rdから始まるときにこの形をやるとすんごくスムーズで効果的です。是非試してみて下さい。