トップ > ポピュラー理論Tips > お手軽に#9thを押さえる
お手軽に#9thを押さえる
Bフォームの形を右手に応用
まず確認ですが、#9thのテンションが使えるのはドミナント7thでしたよね。そして、こちらにドミナント7thコードのBフォームを紹介してあります。今回はこのBフォームを右手に応用すると、#9thがかっこよく弾けちゃうよというお話です。
例えばC7のBフォームの押さえ方は次のようでしたよね?
この青く丸の印をつけた3つのピアノ鍵盤の位置関係が重要なんです。この指の開き具合はよく覚えておいてくださいね。この手の開きの開始位置をちょっとかえるだけで#9th入りのかっこいい ピアノコードが弾けちゃうんですよ。どこから始めるかというと、左手で弾いている音(単音でも可)の長三度上から始めます。
左手でドの音を弾いているなら、右手の親指はミから始めます。大抵、右手と左手は1オクターブ以上離します。実際の利用例を下に示します。
midi
適当に作った例なので申し訳ないのですが、一小節目のC7(#9)がそうです。上の例では右手で弾いている♯レの音を全音下降させて、次のFM7のメロディーにスムーズに繋がっています。(一小節目の4拍目の♯ドは、本当なら♭レと書くべきです。なぜなら♭9thのテンションだからです)。あと、このような押さえ方とか、コードはジミヘンコードとかいいます。是非練習してみてください。