ピックアップ記事

ピアノを演奏している方のほとんどは、楽譜通りに演奏する「譜読み」に泣かされた経験があると思います。

僕の大学時代は、オーケストラのサークルのピアノ伴奏に駆り出されることが多く、月に20ページくらいのピアノ伴奏譜をこなしていました。
(専攻は化学なのに...)

そんな中、発見したピアノ譜読みテクニック・コツを紹介したいと思います。

効率よく譜読みして多くの曲を弾きたい!

僕は普通のサラリーマンをしながらピアノ活動をしています。
となると、仕事が終わったスキマ時間に譜読みをする必要があり、効率のよい譜読みが要求されます。
1日に割ける時間は、せいぜい1時間程度ですので、次の日には記憶が途切れます。
前の日に覚えた内容の復習から入ることが多いです。

片手では弾けるんだけど、両手だと弾けないんだよね
その気持ちわかります。僕も昔はそうでした。
片手で気持ちよく弾けるから、両手でも気持ちよく弾けるだろう」といった、
"1+1=2になるだろう"理論が通用しないんですよね。世の中は厳しいですね。
この譜読みテクニックを使うと、解消の助けになると思います!

ピアノ譜読みの要点

このページに書いてあることの要点は以下です。下で詳しく説明しますね。

  • コツ1:ピアノの譜読みの目的は指番号を決めること”であることを意識
  • コツ2:両手でいきなり譜読みしよう
  • コツ3:譜読みした内容を楽譜に書き込もう
    - 弾いてみた感想
    - 五線から外れた音の階名
    - コードネーム
    - 指番号
    - 同じ音
    - 黒鍵or白鍵

コツ1:ピアノ譜読みの目的は"指番号を決めること"

せっかく譜読みしたけど「次は同じように弾けない」という再現性の悪さは、
指番号が決まっていないからだと思います。

指番号を決めるとは、「あらかじめ音を弾く指を決めておく」ことです。
その場のノリで弾く指を決めてしまうと、次に弾くときにもノリで決めてしまい、体に覚えさせることができません。

例えばボーリングの正しいフォームと似ていると思います。
ボーリングの上達のコツは、毎回同じ位置から立って、同じようにボールを投げることです。

なぜこれが通用するかというと、ボーリングのピンが毎回同じ位置に出現するためです。

楽譜にも毎回同じ位置に音符があります(当たり前ですが)
毎回同じ指で弾くことで、ボーリングのようにスコア(正解率)アップを狙えると思いませんか?

ボーリング上手いの?

手を乾かすのは上手い
指番号を決めるには、運指を楽譜に書き込むことが第一歩です。
楽譜の書き込みの項で説明します。

コツ2:両手でいきなり譜読みしよう

両手でいきなり譜読みなんて、ひどい、ひどすぎる、ひとでなし!
そう怒らず聞いてほしいのですが、
片手で気持ちよく弾けるから、両手でも気持ちよく弾けるだろう」 には罠があります。
それは、両手の動きを覚えるという過程を飛ばしていることです。
手の動きには、以下の3種類あります。
  • 左手の動き
  • 右手の動き
  • 両手の動き

譜読みにおいて重要なのは、”両手の動き"です。両手でピアノを弾くためです。

  • 左手と右手の距離感
  • 両手を合わせてみてわかる、和音の響き
  • 左手と右手のリズムの食い違い

といったものは、両手の動きを覚える過程でしか確認できません。
逆に言うと、いくら片手で譜読みできたからといって、上記のことは永遠に覚えられません

また練習効率の面から言っても、両手でいきなり譜読みしたほうが良いです。

今までは、①左手で譜読み、②右手で譜読み、③両手で練習、の3回練習する必要がありました。
これからは、①両手で譜読み、の1回のみで済むようになります
回数が減るので、効率も上がるというわけです。

経験上、片手で譜読みしたことなんて、両手で合わせた瞬間に忘れることが多いです。
だったら片手で譜読みすることに注力することは、あまり意味がないと思います。

もう二度と片手で譜読みしないから
そうではないです。片手で譜読みするのが必要な場合があります。
それは、”指番号を決める"のための、部分練習をする場合です
「この音は、右手の親指で弾こうかな、いや人差し指かな」といった指番号の検討は、
片手で練習したほうが効率が良いと思います。
    • 両手で譜読み:最初の選択。まずはここから
    • 片手で譜読み:指番号を確認するなど、部分練習として実施
上記がポイントです。
まずは両手で譜読みする勇気を持ってみませんか?

コツ3:譜読みした内容を楽譜に書き込もう

楽譜に書き込むということは、一度譜読みした内容を記録に残すということです。
書き込みがしてあれば、前日に譜読みした内容を思い出すのが早くなります!

ピアノの先生に怒られない範囲で書き込むんだな
最近は、iPad等の楽譜が普及しているため、紙の楽譜に書き込む"罪悪感"的なものも少なくなってきました。
僕は紙の楽譜であっても、躊躇なく書き込みます。(一部の高級楽譜は、さすがにコピーを取ってから書き込みますが...)
書き込みのポイントは以下です。木枯らしのエチュードを例に説明します。

書き込みポイント: コードネーム、指の届き具合

赤字が実際の書き込み内容です。オレンジの数字は参照するために入れています。

譜読みのための書き込み例1

 

①、③の部分にコードネームを書いています。
コードネームから音を連想することができれば、音符を二回目に読む時間が短縮できます。

②の部分(内にまるしたもの)は、指の届き具合です。
ちょうどアルペジオで書いてある和音が、ぎりぎり手の中に納まる(手の内、の"内")と思ったため、書いています。
これは、音符を2回目に読むときに、不安感をなくす効果があります。

「あれ?こんな音だったっけ?」

といった不安があると思うのですが、指の届き具合を書いてあれば、

「あ、これは手の内に納まる音だから、たぶん合ってる
という、多少の自信につなげることができます。

同様に、③の部分(外にまるしたもの)も、指の届き具合です。
外、というのは、手の外まで指を届かせなければいけない、つまり、頑張って手を広げる必要があることを示しています

自分の言葉で、譜読みしたことを書き込むことが大事だね

書き込みポイント:指番号、感想、白(黒)鍵

赤字が実際の書き込み内容です。オレンジの数字は参照するために入れています。

譜読みのための書き込み例2

①の部分は、指番号を書いています。
前項でも説明したように、譜読みの目的は、指番号を決めることです。
決めた指番号を書いてあります。次に弾くときは、この指番号通りに弾きます。
②の部分は、コードネームです。
③の部分は、感想を書いています。
先ほどの、"内"、"外"と同じように、弾いてみた感じを書きます。
楽譜では「きつい」と書いてあります。「音符が密集していて弾きにくい」、そんな素直な心の声を書いています
二回目に音符を弾いてみて「きつい」と感じれば、その音符を再度譜読みすることなく、その音符は合っています
これが時短につながります。
④は、音型が黒鍵のみで弾けることを表しています
囲ってある一帯が黒鍵だけで弾ける、ということが分かれば、次に譜読みするときの安心感が得られます
逆に、白鍵のみで弾ける場合は、"白"と書くことがあります

ふざけているようだけど、意外と心の声を書いてあることは助けになるよ

譜読みのための書き込み例3

①の部分も同じです。
最初に譜読みしたときに「簡単に弾ける!」と思ったから、そのように書いただけです。
簡単かどうかは、人それぞれですので、皆さんの心の声を書いてみてください!

書き込みポイント:五線から外れた音名、同じ音

①②の部分は、同じ音が続く区間を丸で囲っています
丸で囲っている区間は、安心して同じ音を弾けますので、次の譜読みをするときの時短につながります。
③の部分は、あまりに低音すぎて譜読みするのが面倒なので、音名を書いています
どんなに初見演奏に長けた人でも、このレの音を一発で当てるのは無理だと思います。
ちょっとでも不安に思う音は、躊躇せず書き込んじゃいましょう!
④は、指番号に丸を付けています。
これは、「この指番号は絶対に守りなさい、さもないと次の音が弾けない」という自分への戒めです。
指番号を決めることの一環です。

時短譜読みを実践してみよう!

以下がまとめです。

  • ピアノの譜読みの目的は指番号を決めること”であることを意識
  • 両手でいきなり譜読みしよう
  • 譜読みした内容を楽譜に書き込もう
    - 弾いてみた感想
    - 五線から外れた音の階名
    - コードネーム
    - 指番号
    - 同じ音
    - 黒鍵or白鍵

書き込む内容は、みなさんの心の声を書くとよいと思います。
ここで挙げた例以外にも、ぜひ開発してみてください。

 

最後に、ショパンのエチュードOp.10-4を譜読みした結果を、有料記事として載せておきます。
「曲を通して上記テクニックを実践するとどうなるか?」という実例がご覧いただけると思います。

今までの説明はポイントを押さえた必要最低限のものでしたが、
もし上記テクニックに興味を持たれましたら、1曲を通した書き込み結果が参考になると思います!

 

ここから先に含まれるもの
・ Chopin Etude op.10-4の楽譜に、このページで解説した書き込みを施したもの(カラーのpdfファイル)

おすすめの記事