ピックアップ記事

運良くとれた高級ホテル

結婚式の前夜、どこに泊まろうか話していました。

ビジネスホテルでいいんじゃね?夜鳴きラーメン食べたい

一生に一度の結婚式なのに、ひどい
とのことなので、Gotoを使って高級ホテルに泊まってみることにしました。シャングリ・ラホテル東京のプレミアスイートに泊まりました!1か月前に予約したのですが、他に部屋が空いておらず、本当ならもっと安い"シャングリラルーム"的なところにしようと思ったのですが、空いていませんでした。これもなにかの巡りあわせだと思い、思い出作りに泊ってみました。

ラウンジでチェックイン

タクシーでホテルにつけてもらい、向かいました。なぜなら、金持ちはタクシーを使うらしいからです。場所はわかりにくいところにあります。

タクシーを付けるべき場所は、地下の駐車場だったようですが、実際には隣の建物のロータリーにつけてもらうことになりました。結局徒歩でフロントに向かいました。

見栄張るんじゃなかった...
フロントにたどり着くと、イケメンのお兄さんが名前を聞いてきました。名前を伝えて、しばらくソファで待っていると、ラウンジでチェックインできるとの案内を受けました。妻(いちごちゃん)に

”ラウンジ”でチェックインだって
と声に出して伝えることにより、周りのお客さんにアピールしてみました。ささやかな抵抗です。
ラウンジに着くと、最初に飲み物を聞いてくれました。幾らするのかわからないのですが、躊躇しては金持ちではないですので、一番名物のメロンジュースを頼みました。

なにやら、アフタヌーンティーという雑貨屋さんみたいな時間だったようなので、軽食もつけてもらいました。

コロナ対策ということでチェックシートの記入や、住所などの記入を済ませつつカードキーをもらいました。

明日の朝刊は何にいたしましょうか?」と聞かれたので、

日経新聞でお願いします
と答えました。金持ちのサラリーマンは日経新聞を読むようです。

部屋とご対面

ついに部屋に入ることになりました。ざっと間取り図を書いてみました。

プレミアスイートの金持ちポイント

・なぜかトイレが二つある
・謎の屏風が置いてある
・部屋でマラソンができる
・洗面所にテレビがある

トイレが二つあるのはびっくりしました。大と小で使い分けるのでしょうか。。。

部屋の中はこんな感じです。謎の屏風が置いてあります。(上の写真の左側)

洗面所にテレビがあるのも驚きです。おそらく、金持ちはビジネスチャンスを逃さないために、つねにニュースをチェックするのでしょう。


そして、高級ホテルにつきものなのは、果物です。梨が置いてありました。いや、梨ではなく、Nashi pear とでも呼んだ方が金持ちっぽいです。

朝食はインルームで

朝食は、あらかじめ前日に注文しておいたものが部屋に届きます。部屋食以外にも、ラウンジでの朝食も選択できましたが、金持ちはインルームで朝食のようなので、そうしました。

事前にテレビの専用メニューから希望のメニューを探して置き、部屋にある電話でサービスデスクに注文します。結構値段に幅があります。

僕が頼んだのはアメリカンブレックファースト(たしか4500円くらい)で、妻が頼んだのは和食です(これも4500円くらい)。朝食はプランに入っていたのですが、この選択式の朝食も含まれているか不安になりました。なぜなら、料金に大きく幅があるためです。結果として、プランに入っていました。つまり高いものを頼んだ方がお得です。

その発想が庶民だよね

ラウンジでチェックアウト

チェックアウトは、通常のフロントでもできますし、ラウンジでもできるとのことでした。やはり最後まで金持ちでいたいので、ラウンジですることにしました。最後も、お茶や軽食を付けてもらうことができ、まるで喫茶店のような感覚でチェックアウトできました。喫茶店代が浮きました!

その発想が庶民だよね
なかなか普段泊れるホテルではないのですが、何一つ不快な思いはしませんでした。何より、サービスデスクに電話をすると

おはようございます〇〇(実名)様。いかがされましたでしょうか?
みたいに、名前を呼んでくれます。おそらく先方の電話機に付箋が張ってあるんだと思うのですが、それでも嬉しかったです。皆さんも是非泊ってみて下さい!

 

 

おすすめの記事